逆マーチンゲール法/パーレイ法を使い実際のオンラインカジノで
プレイしてみました。

ゲームは今回ブラックジャックで試しました。

最低賭け金を1ドルに設定して3連勝したらワンクールで
プレイしました。

30ゲームぐらい試しましたがプラスで終わる事が出来ました。

今回は、運も良かったのですが、この逆マーチンゲール法/パーレイ法は
使えるなと思いますた。

30ゲームで3連勝が5回きてそのうちブラックジャックも引きました。

運的要素もありますが、この方法は、ローリスクハイリターンだと
思いますので、ツボにハマれば勝てるので有効な攻略法だと思いました。

賭け方は1ドル賭けて勝ったら2ドルまた勝ったら4ドル賭けます。

3連勝で勝てば8ドル負けてもマイナス1ドルです。

デメリットは、運悪く全然3連勝出来ない時もあると思います。

そういう時は、他の攻略法をつかいましょう。

実際にプレイしたオンラインカジノはコチラから

>>>ネットがあればいつでもどこでも利用可能!ベラジョンカジノを利用するならこちら!

逆マーチンゲールパーレイ法の定義

逆マーチンゲールパーレイ法とは、近年人気を集めているカジノベッティングシステムです。

「アンチ・マーチンゲール」システムとも呼ばれることもあります。

この賭け方は、勝つと賭け金を増やし、負けると賭け金を減らすというもので、従来のマーチンゲール方式とは正反対です。

このベットを使用することで、大きなリスクを負わずに勝つチャンスを増やすことができます。

要するに、賭けが成功するたびに賭け金を増やし、最終的に勝てば、投資収益率(ROI)は同時に1回だけ賭けたときよりも高くなります。

このシステムを使用するには、同じイベントまたはゲームから2つ以上のベットを選択し、それらが相関していることを確認するだけです。

つまり、1つの選択が勝つと、他の選択も勝つ確率が高くなります。

この最初の賭け金は、経済的に苦しくならない程度に低く、かつリターンを制限しすぎない程度に高くする必要があります。

これらの選択を行った後、いずれかの選択が負けるまで、連続したベットに対して賭け金を2倍にします。

この賭けが行われたら、最初の賭け金に戻し、すべての選択が勝つまでこれを続けます。

逆マーチンゲールパーレイ法は、他の方法のように一度に多額の資金をリスクにさらすことなく、比較的小さいものではありますが、時間をかけて一貫した利益を提供するという評判により、ベテランギャンブラーの間でますます人気が高まっています。

しかし、その利点にもかかわらず、この方法の使用に関連する特定のリスクが残っています。

すなわち、いくつかの連続した損失が発生した場合、勝利ではなく損失の後に継続的にステークを倍増することにより、かなりの量の資本が連続して失われる可能性があります。

自分で使用しようとする前に考慮する必要があります。

逆マーチンゲールパーレイ法を使用するメリット

逆マーチンゲールパーレイ法は、何十年もの間、カジノで使用されてきた人気のあるベッティングシステムです。

カジノで勝つチャンスを増やす最もシンプルで効果的な方法の一つであり、カジノプレイヤーの間で高い評価を受けています。

逆マーチンゲール法では、特定の数字や事象に、一定の確率で賭けます。

勝てば賭け金が2倍になり、負ければ次の賭け金が半分になる。

この方法は、大きくても予測不可能な利益よりも、小さくても継続的に利益を得られる可能性が高いため、ゲーマーにとって有利となります。

逆マーチンゲール法の大きな利点は、勝率を犠牲にすることなく損失を抑えることができることです。

このシステムは、運が味方しないときでも、他のベッティングシステムのように一度に全財産を失ってしまうことがないことを保証します。

また、運が味方した場合にも、ダブルダウンを推奨しているため、勝ちを最大化することができ、その結果、個々のラウンドやカジノでのセッション全体からより多くのペイアウトを得ることができます。

この方法のもう一つの利点は、スロットやルーレットからブラックジャックやポーカートーナメントまで、あらゆる種類のギャンブルゲームに適用できる柔軟性です。

また、その時々のリスク回避やリスク追求の度合いに応じて、様々なバリエーションを適用することができるので、ギャンブルのリスクに対する考え方に関係なく、誰もが楽しめる内容になっています!

さらに、その分かりやすい性質により、カジノゲームを始めたばかりの初心者や、ライバルに差をつけたい経験豊富なギャンブラーでも、プレイ中に複雑な戦略や計算に圧倒されないよう、物事をシンプルに保ちながら、簡単にプレイすることができます!

最後に、この逆マーチンゲール法を使用するもう一つの大きな利点は、正しく行われた場合の信頼性です。

つまり、時間をかけて一貫したリターンを楽しむだけでなく、実際に約束通りうまくいくかどうかについての疑問を持つことなくその有効性を信頼することができるのですだから、オンラインを再生しているまたはれんがとモルタルのカジノ施設を訪問しているかどうか何も自信を持ってこのような試みとに依存することができることに勝るものではありません。

カジノが評判を上げるために逆マーチンゲールパーレイ方式に頼る理由

カジノ産業が成長し続けるにつれ、カジノも競争力を維持するために良い評判を維持する必要があります。

そのため、多くのカジノは、評判を高め、利益を増やす方法として、逆マーチンゲールパーレイ法に頼っています。

逆マーチンゲール法とは、勝つたびに賭け金を2倍にし、負けたときは半分に減らすという賭け方です。

これにより、プレイヤーは、悪い連勝をしたときにあまり大きな損失を心配することなく、楽しんでプレーし、勝つことができます。

このシステムの背後にある考え方は、各賭けで得られる利益の半分だけを賭けることで、損失を最小限に抑えながら、潜在的なリターンを最大化することができるということです。

このシステムは、カジノの評判を上げるのに非常に成功しています。

なぜなら、人々はハウスよりも有利だと感じる場所でプレイする可能性が高いからです。

逆マーチンゲール法では、プレイヤーは、途中でいくらかの損失を被ったとしても、その損失によって全体のバンクロールが完全に帳消しになることはないと知っています。

このため、プレイヤーはこのカジノで安心してプレイすることができ、さらにゲームを楽しむために戻ってくることができるのです。

また、この方式は顧客からの評判を高めるだけでなく、カジノにとっても経済的なメリットがある。なぜなら、この方式を採用することで、顧客は一度でも悪い状況に陥るとあきらめず、長期的にプレイを続けるようになるからだ。

このようなシステムにより、長期的なゲームプレイを促すことで、カジノは、たまたま運が良かった人から一度に大きな金額を巻き上げるのではなく、時間をかけて人々の賭け金から大きな利益を得ることができるのです。

全体として、多くのカジノが逆マーチンゲール方式を採用するのは、顧客の評判を高め、財務的な収益を向上させる効果的な方法であることは明らかです。

勝ちの保証とプレイに伴うリスクの軽減により、プレイヤーは自分のお金に対して大きな価値を得られると同時に、一回のプレイで大きな損失を被る可能性が少ないことを知って、自信を持って再来店することができます。

カジノで大勝ちし、カジノへの来場を増やすための方法

カジノで大勝利を狙うなら、成功の確率を上げるのに役立つ2つのメソッドがあります。

つは逆マーチンゲール法、もう1つはパーレイ法です。どちらの方法も、ベット戦略とリスクマネージメントを含んでいるので、ベットをする前に、どのように機能するかを理解することが重要です。

逆マーチンゲール法では、勝つとベットサイズを大きくし、負けると小さくします。この方法は短期的な運に左右されるため、悪い連勝が続いたときに損失を抑えるために、慎重に予算を立てる必要があります。

また、この方法は、幸運を生かすために、より多くのリスクを取ることを奨励します。

この方法によって、バンクロールを正しく管理すれば、プレイヤーは長期的に最大限の利益を得ることができます。

パーレイ法は、複数の賭けを組み合わせて、個々の賭けが単独で提供するよりも高い配当のある1つの大きな賭けにするものです。

この戦略により、プレイヤーは小さな勝ちをより大きな勝ちに変えることができ、より大きな報酬と全体的なリスクの軽減が可能になります。

個々の賭けは1つの大きな賭けよりも成功する確率が高いため、パーレイはより安全な投資と言えますが、逆マーチンゲールやフラットベッティング、ポジティブプログレッションベッティングシステムなどの他のベッティング戦略と比べて、リターンが低くなる可能性があります。

カジノでプレイする場合、ゲームの知識と同じくらい評判が重要です。

カジノは、長期にわたって安定したビジネスをもたらしてくれる顧客を求めているからです。

たとえ毎回勝てなくても、テーブルでのエチケットを守り、予算の範囲内でプレイすることで、カジノはボーナスやプロモーションを提供し、より大きな勝利につながるでしょう。

逆マーチンゲールとパーレイの2つの簡単な方法を理解し、エチケットを守りながら責任を持ってギャンブルをすることで、プレイヤーはカジノで大きく勝つチャンスを増やすことができ、同時に自分の評判を上げることができるのです。

逆マーチンゲールパーレイ法を採用した場合のカジノ収益への影響について

近年、ギャンブラーの間で逆マーチンゲールパーレイ法が人気を博しています。

この方法は、「アンチマーチンゲールシステム」とも呼ばれ、損失を最小限に抑えながら、勝率を最大化するために使用される戦略です。

勝ったら賭け金を増やし、負けたら賭け金を減らすというものです。

カジノにとっては、勝つ確率が上がるというメリットがある。

逆マーチンゲールパーレイ法は、勝った後にベットサイズを大きくし、負けた後に小さくすることで機能します。

この方法の背景にある考え方は、連勝しているときは、運を利用して勝利からより大きな利益を得るために、ベット額を増やすべきだというものです。

一方、連敗しているときは、不運や判断ミスで必要以上に損をしないように、ベット額を減らすべきです。

この戦略は、全体としてより高い利益を上げる確率を上げることができますが、ギャンブラーにとって不利なオッズの時に大きな賭け金を置くことになるので、より大きなリスクを伴います。

この方式は、適切に実施されれば、カジノにとって、ギャンブル活動から得られる収益と、より高い配当と報酬を伴う高額な賭けのオプションを好む顧客からの評判という点で大きな利益をもたらします。

有利な時期に高い賭け金で運を利用する機会を顧客に提供することで、カジノは、顧客がより頻繁にギャンブルをするように感じ、ずっと少ない賭け金で我慢していた場合よりも高い賞金を手に入れるチャンスがあるような環境を作り出すことができるのです。

しかし、この方法では、賭けの上限を設定する、ボーナスを提供して賭けの損失を相殺するなど、適切に管理しなければ、カジノの収益が大幅に減少する可能性があります。

このように、逆マーチンゲール方式を採用することは、顧客満足度を損なうことなく、安定した収益源を確保するという意味で、カジノにとって本当に価値があるかどうかを判断するために、これらの要因を考慮することが不可欠です。

カジノにおける逆マーチンゲールパーレイ法の導入によるメリットと影響のまとめ

カジノにおける逆マーチンゲールパーレイ法の導入は最近話題になっていますが、それには理由があります。

この方法は、私たちが知っているように、ゲーム業界に革命を起こす可能性を秘めています。

これは、従来の方法よりもプレイヤーに優位性を与えることができるエキサイティングな新しいギャンブル方法であると同時に、カジノに評判と賞金に対するより大きなコントロールを提供するものでもあるのです。

逆マーチンゲールパーレイ法は、1つの大きなベットではなく、一連のベットに賭けることを含みます。

これにより、プレイヤーは一度に複数のゲームに小さなベットをすることができ、多額の資金をリスクにさらすことなく勝つ確率を高めることができます。

このアイデアは、各ゲームで得た賞金を将来のゲームでのより大きなベットに「パーレイ」することで、より大きなバンクロールを構築し、利益を最大化することを可能にするものです。

カジノに逆マーチンゲール・パーレイ法を導入する大きなメリットは、プレイヤーがギャンブルの方法をより自由にコントロールできるようになることです。

複数のゲームにリスクを分散できるため、プレイヤーは1つのハイリスクなベットに全力投球する可能性が低くなり、代わりに各ゲームで失うか得るかを許容できる金額をよりコントロールしやすくなります。

さらに、1回のセッションで賭ける数を制限することで、感情や衝動的な賭け方だけで軽率に判断して、以前よりさらに悪い方向に進んでしまうことを防ぐことができる。

カジノも、逆マーチンゲール・パーレイ法を導入することで、評判と賞金をよりよく管理できるようになり、大きな利益を得ることができます。各ラウンドで賭けることができる金額を規制することで、カジノは、過剰なギャンブルや許容範囲を超える賭けをする人がいないようにすることができます。

つまり、プレーヤーとカジノの双方が信頼関係を築き、安心して一緒にプレーできるようになるのです。

逆マーチンゲール法をカジノに導入することは、両者にとって多くの利益をもたらします。

プレイヤーは、リスクを最小限に抑えながら、ギャンブルをよりコントロールできるようになり、カジノは、誰がそこでプレイするかについてより良い規制を受けることができます。


>>>ネットがあればいつでもどこでも利用可能!ベラジョンカジノを利用するならこちら!