維新の会の橋下氏カジノ法案提出

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`tweetmeme` not found]

日本維新の会の橋下徹共同代表(大阪市長)は26日、カジノを含む統合型リゾートを
大阪などに誘致するため、カジノを合法化する法案を28日召集の通常国会に提出する考えを明らかにした。

大阪府・市も13年度予算案に、誘致に向けた調査費を計上する方針。
橋下氏は「大阪で取りにいく」と話し、誘致を本格化させる姿勢を強調した。

カジノ誘致は橋下氏の持論。
府知事時代にも「成長戦略の起爆剤になる」として検討会を設置した。
ただ、カジノは刑法上の賭博と見なされるため、実現には特別法などの制定が必要になる。
橋下氏は今月11日に安倍晋三首相と会談した際、法整備を要望していた。

一方、大阪府・市は、大阪湾の人工島・夢洲(ゆめしま)などにカジノを含む
リゾート施設の誘致を検討。

海外のカジノ資本と話し合いを進めている。

大阪市は26日、市役所で開かれた予算査定の会議で、誘致場所の選定や経済効果などの
調査費用として、13年度予算に300万円を計上する案を示した。
橋下氏は「来年度には事業者に具体的なプランを出させてほしい」と発破をかけた。

個人的な意見ですが、橋本さん頑張れと言いたいです。

しかし、カジノを日本でやる場合やはり東京の方が集客出来ると思う。

今後法案が通れば日本全国で手を上げる自治体も増えると思いますが、
お台場あたりにデカイのを作ってもらいたいものですね。

あと、日本人は、カジノイコールギャンブルと言う考えを捨てないとダメですよね。

カジノイコールエンターテインメントですからね。

それと、今後オンラインカジノがどのようになるかも
見極めないといけませんね。

コメントを残す