1235法(グッドマン法)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`tweetmeme` not found]

逆マーチンゲール法/パーレイ法のように勝ったときに賭け金を増やしていく投資法です。

しかし逆マーチンゲール法/パーレイ法とは違って、連勝中にひたすら
倍賭けしていくのではなく、利益をある程度残しながら賭けていくので、
マーチンゲール法/パーレイ法のように連勝していても負けると
利益がなくなるというようなことはありません。

1235法の使い方
1235法という名前のとおり、1 2 3 5 を順番に賭けていくだけです。

たとえばルーレットの赤黒などで1ドルから賭け始めて勝ち続けたとすると、
賭け金を2ドル、3ドル、5ドルと順番に増やしていきます。

表にすると次のようになります。

連勝回数 賭け金 利益累計
1     $1
2     $2   $1
3     $3   $3
4     $5   $6
5     $5   $11

4連勝以上した場合は、連勝しているかぎり5ドルを賭け続けていきます。

1235法(グッドマン法)の評価
この投資法の特長は、2連勝さえしてしまえば損失は出ないというところにあります。

上の表で見ると、たとえば2連勝して3回目で負ければ、2連勝で得た
利益は0になりますが、損失は出ないことになります。

そして3連勝して4回目で負けた場合でも1ドルの利益が残っています。

ですので、最低2連勝すれば負けることはないのです。

そしてたとえ2連勝できなくても、負け分の1ドルが徐々に積みあがっていくだけなので、
比較的リスクの少ない攻略法と言えるでしょう。

しかしこの攻略法の最大の問題は、3連勝以上しなければ
利益が出ないというところにあります。

3連勝以上というのはなかなか難しく、勝ち負けを繰り返すような
ゲーム展開だと時間がかかるわりには利益がほとんど出ないということもよくあります。

ただ、投資は少ないので大負けも少ないと思います。

ですので、この投資法は勝ちにくく負けにくい投資法と言えます。

長期に渡りコツコツ利益を積み上げていきたい人には
とてもいいと思います。

簡単で覚えやすいのもいいですね。

ルーレットやブラックジャックやバカラで使えると思います。

1235法(グッドマン法)を使うならこのカジノがオススメ!

ワイルドジャングルカジノは、ライブルーレットやブラックジャックや
バカラや言って、実際にディーラーをカメラに写しながらプレーできます。

なぜディーラーがカメラに写っていると良いのか?
と言いますと、事実上「イカサマ」ができないからです。
ライブ映像は録画もできますし、世界中のプレーヤーが見ていますので、
「イカサマ」がむずかしいということです。

実際オンラインカジノをプレイしたことがある人なら一度は経験
したことがあると思いますが、ライブゲーム以外で倍がけにすると
何故が負けやすい現象です。

だから、マーチンゲール法が通用しません。

ただ、ライブの場合は、ほぼ「イカサマ」は不可能なので、
通用しますが、ベット額の制限があります。

そこで、有効なのが1235法(グッドマン法)なのです。

ワイルドジャングル登録はここ

コメントを残す