ウィリアムヒル入金方法比較

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`tweetmeme` not found]

ウィリアムヒルでは様々な入出金方法が
用意されています。

・Neteller(ネッテラー)
・Entropay(エントロペイ)
・Skrill(旧マネーブッカーズ)

など様々ございます。

ほとんどが日本ではあまり馴染みのないものばかりで、
実際私もすべての入金方法を試した事はありませんが、
お勧めの入出金方法はNeteller(ネッテラー)です。

Neteller(ネッテラー)はほぼすべてのオンラインカジノや
ブックメーカーに対応していますので、この機会に
口座を作る事をおすすめします。

口座開設マニュアルや動画も用意しました。

NETELLERツールダウンロード

NETELLER簡単登録ツールはこちら
シリアルキーの入力を求められます。
以下のシリアルキーを入力してください。
7f92-5c18-3c58-ef00-6a20

NETELLERツール使用方法

NETELLER簡単登録ツールご利用マニュアルこちら

NETELLER入金方法

NETELLER口座開設はこちらから

まだ完全にサイトの日本語化はされていないのですが、
このマニュアルを受取って頂き、参考にして頂ければ、

スムーズに口座を開設することが出来ますし、
もちろん新規登録から、登録後の基本的な遊び方まで、

安心してご利用していただけます。

日本のクレジットカードは利用できないため、
海外ネットバンクを利用する必要があります。

海外のネットバンク、ブックメーカーということで
怪しまれる方もいらっしゃるかもしれませんが、
一切そんなことはありません。

そもそもブックメーカーを運営するためには、
外部監査機関の厳しい審査を受けなければ
ライセンスを取得することが出来ません。

ライセンスを取得後も監査機関から月単位での
厳しいテストを受け続けなければならないので、

公平性・安全性など全てにおいて徹底されているため、
利用者が安心して遊べる環境を常に提供しています。

その結果でもあると思いますが、
ブックメーカーの社会的信用は
銀行よりも企業として高い評価を受けています。

ウィリアムヒルは77年の運営実績を持ち、
ヨーロッパ圏内に2000以上の店舗を経営しているのも、

こういった信用があるからこそだと言えます。

日本では馴染みのない言葉である「ブックメーカー」ですが、
「競馬」「競艇」「競輪」といったスポーツでの賭博と
さほど違いがございません。

ブックメーカーと聞くと、イメージしづらいかも知れませんが、
そういった日本のギャンブルをイメージして頂ければ分かりやすいかと思います。

日本では、ブックメーカー投資がネットで話題になっていますが、
私のおすすめは、やはり海外サッカーを応援するときや
日本代表の試合を応援するときに使います。

あと、ウィリアムヒルはブックメーカーだけでなく
オンラインカジノもありますので飽きることなく
遊べると思います。

こちらから登録していただければ、
以下のマニュアルを受取っていただけます。

■ウィリアムヒル新規登録マニュアル
■ウィリアム入出金マニュアル
■ウィリアム基本ベット方法
■Netellerご利用マニュアル

☆ウィリアムヒル新規登録はこちらから☆
どちらが勝つか的中させて高額配当GET!!ウィリアムヒル!

コメントを残す